【基板修理】iPhone XS MAX のタッチ操作ができなくなってしまった状態

株式会社 FLAT

048-645-1177

〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-3オリオンビル3階

営業時間:10:00~19:00 定休日:不定休

lv

【基板修理】iPhone XS MAX のタッチ操作ができなくなってしまった状態

基板修理,修理内容

2021/10/27 【基板修理】iPhone XS MAX のタッチ操作ができなくなってしまった状態

 

今回は、iPhoneXS MAXでタッチ操作ができなくなってしまったというお問い合わせでした。

 

タッチセンサーの故障は、落としたり水濡れで壊れることが多くあり、その場合は、

液晶(有機EL)パネルの交換で直ります。

 

液晶パネルは、液晶ディスプレイとタッチセンサーが組み込まれています。

(X以降の機種は液晶ではなく有機ELディスプレイが使用されている機種もあります。)

 

落としてもいないし水濡れもしていない自然故障の場合は、基板のICチップのショートが原因の可能性が高くなります。

 

内容をお伺いすると他のお店で見てもらったところ、画面交換では直らず基板故障の可能性が高いと案内されたそうです。

 

当店にお持ち込み後、念の為画面を仮付でチェックを行いましたが、画面交換で症状は改善されませんでした。

 

基板修理のご案内後にご依頼となりました。

 

 

 

 

 

 

 

s__9265422

 

XS MAXの本体内部です。

 

バッテリーがL字に搭載されています。

 

 

 

 

s__9265423

 

取り出した基板です。

 

2段重ねの構造で小さくなっています。

 

基板を小さくすることでバッテリー容量も稼げるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s__9265424

 

基板を分離した状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s__9265425

 

今回は、基板が重なっている接続部分の接触不良でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s__9265426

 

 

2段重ねの構造になったことで、基板のつなぎ目にクラック(亀裂)が入ることによって

電気ショートや接触不良を起こしてしまいます。

 

今までになかった故障でiPhoneX以降の機種で2段重ねの基板でよく起こる症状です。

 

落とした衝撃や振動で亀裂が入る可能性があり、亀裂の入った箇所によって症状が変わります。

 

タッチ操作ができなくなってしまう他、圏外や電波を掴まないなどの症状がよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s__9265420

 

画像でhはタッチ操作ができるようになったことは確認できませんが、通常通りに使用することができるようになりました。

 

 

iPhoneの部品交換では直らない場合もデータはそのままで復帰できることもありますので、

基板修理などもお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

工賃込みであんしん修理
iPhone修理のFLAT大宮
住所:〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-3 オリオンビル3階
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日

TOP