部品交換を必要としない作業

株式会社 FLAT

048-645-1177

〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-3オリオンビル3階

営業時間:10:00~20:00 定休日:不定休

lv

部品交換を必要としない作業

iPhoneの部品交換を必要としない作業

料金のご案内

iPhone5/6/7の再起動方法

iPhone水濡れの乾燥作業

iPhoneのトラブルで水濡れや水没のお問い合わせは多くあります。iPhoneは、防水ではないので、本体の中に水が入ってしまうと電気ショートを起こしてしまい壊れてしまいます。iPhone7から防水機能はありますが、完全防水ではないので、iPhone7でも水没して復旧不可能ということもよくあります。水没して部品が壊れた場合は、壊れた部品を交換することで直すことができますが、基板(マザーボード)のICチップが壊れてしまうと直すことは難しくなります。水に濡れたり水没した場合は、電源を落とせればすぐに電源を落として修理店に持ち込むと直る確率が上がります。修理店にすぐに持ち込むことができない時は、SIMカードを抜いて、風通しの良いところにおいておくことで、内部の乾燥を早めることができます。SIMカードを抜くことで、内部に空気や風を取り込むようにするので、SIMカードとSIMトレーは、抜いたままにしておくようにします。自然乾燥する場合、ジップロックに乾燥剤と一緒に入れておくなどの方法がネットなどで出ていますが、風通しの良い場所やジップロックなどの方法でも、iPhoneの内部に溜まった水は、なかなか乾かないので、安全のためには、3日間から5日間ぐらいは、電源は入れないで、乾燥した方が安全です。当店には、水没後一週間後にお持ち込みもありましたが、水は残った状態でした。iPhoneの内部確認ができないで電源を入れたり、充電器を指すことは危険です。こういたことから、水濡れ後にお持ち込みいただいた場合は、iPhoneを分解して、水の乾燥作業から始めます。部品などが壊れていなければ、乾燥と水濡れによって、汚れたものをクリーニングすることで、直ることがあります。部品が壊れている場合は、バッテリーや液晶パネルが壊れていることが多いので、この場合は、バッテリー交換や液晶交換をすることで直すことができます。水に濡れた場合は、乾燥をしないと始まらないので、iPhoneが水に濡れたり、水の中に落としてしまったなどがありましたら、大宮の修理FLATにご相談ください!

部品を使用しない作業

iPhoneの修理でも、部品交換を必要としない場合があります。iPhone4/4sの頃に多かったのは、落とした時に、液晶コネクタが外れてしまい、液晶が真っ暗で映らなくなってしまうことがありました。この場合は、iPhoneを分解して、コネクタをはめることで復帰するので、作業費用のみとなります。現在で多いのは、リカバリーモードに入ってしまって、パソコンをお持ちではなく、復帰ができないという場合は、バージョンアップや復元などの作業でiPhoneを復帰させます。その他、ライトニングコネクタになってから、充電口が小さくなり、ゴミが詰まることが多くあります。この場合は、ゴミの除去やクリーニングで充電ができるようになります。水没の乾燥だけの場合も作業費だけとなります。この作業費は、当店では、低価格で設定していますので、何か不具合を感じた場合は、お気軽にお問い合わせをいただければ調査をして、なるべく費用がかからないようにお客様とご相談をしながら作業を進めさせていただきます。

大宮駅東口駅近の修理専門店

お問い合わせはこちら

埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-3 オリオンビル3階
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休

img_cb

TOP